モノを買うにしてもビジネスをするにしても結局は人あってのもの

 

人生青色の青峰です。

 

色々な事が繋がって一つの球になった体験をしましたが

結局、最後は人だよねという結論になりました。

 

何を買うか何をするかというのは自分の意思

 

何を買うのか?

何をするのか?

 

という事は自分の意思で行う事で

ここに何かを挟む余地はありません。

 

自分で選択をして決める。

 

これが出来た後に次のステップになります。

 

 

誰から買うのか?誰とするのか?

 

自分の買うもの

やることが決まれば

 

次に大事なのは「誰?」です。

 

 

モノを買う時

 

僕自身、買い物で失敗した事は

とても少ないのですが

 

気をつけている事は

 

事前に知識を少し入れていく事と

販売している人を視ること

 

です。

 

同じブランドのお店でも

働いている人が良くなければ買わないし

 

興味が無かったお店でも

働いている人が良ければ検討する事もあります。

 

元々、欲しいモノは決まっているので

その枠から出る事はあまり無いですが

 

新しい価値が相手から提示される様な事になれば

再検討します。

 

 

仕事をする時

 

これは完全に人で決めます。

 

どんなに良い内容であっても

人を視てダメなら仕事はしませんし

 

仮にお金にそれほどならなくても

人を視て良ければ手伝います。

 

根本として

人のこれをやりたいという事を実現させる

という事が基本的に好きなので

 

自分がやりたい事は自分で決めていますが

 

教育移住・海外留学・海外進出

マネジメント・海外コーチ就任

WebとITを使ったビジネス

 

他の人のこれやりたい

実現してきた事の方が多いように思います。

 

やっていく中で

自分のやりたいと思う事が

出てきたこともありましたし

 

実現までは必ず持っていっていたので

結果として沢山の「ありがとう」を頂いて

 

個人的には充実した生活を送っています。

 

 

大事な事は人から入ってくる

 

Webには強い方なので

インターネット上で手に入る情報は

瞬時に必要なものを取ってこれますが

 

大事な情報はいつも人から入ってきます。

 

これまで「ありがとう」と言われた分だけ

自分に情報が入ってきている。

そんな感じですね。

 

ので僕自身

インターネットからの情報は

必要なだけ引き出して

大事なことは人から来ている状態です。

 

この状態になると

インターネット上やメディア上で情報が溢れていても

大事な事だけ抜き出せますし

情報には困ることは無く判断が出来ます。

 

 

結論、全ては人があってのものなので

 

人をどれだけ大事にできるか。

 

そこにすべてが掛かっていると思います。

 

 

 

青好きメールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

青色一つで世界と日本を繋ぐブルークリエイター。シンガポール在住。信頼と本質を第一にして、日本と海外、オンラインとオフライン、投資とビジネス、それぞれのネットワークをフルに活用してあらゆる業種の人と一緒に次世代の日本人ネットワークを構築し、青い和を持つ日本人を復活させるための青和人プロジェクトを進めている。