青好きの青色を探す青旅ーバタム島編ーシンガポールの隣にあるシンガポーリアン御用達リゾートTuri Beach Resort

 

人生青色の青峰です。

シンガポーリアンが休日になったら訪れるという

バタム島へ行ってきました。

 

シンガポールから船で1時間の距離にあるこの島は

青色に溢れていました。

 

 

 シンガポールからフェリーで1時間のリゾート島

 

バタム島はシンガポールの

ハーバーフロントフェリーターミナル(Harbourfront Ferry Terminal)から1時間。

2016 04 26 21 11 14 DSC04606

 

今回はBatam Fastというフェリーを使いました。

行き先はバタムセンター

 

大人  片道25SGD 往復48SGD

子ども 片道25SGD 往復45SGD

 

と、子どもでも値段があまり変わりませんが

座席数が決まっているので仕方ないことかなと。

 

インドネシア側で帰りのチケットを提示してくださいと

言われる事があるらしいので、特に理由が無いのであれば

往復を買うのが良いと思います。

 

チケットはフェリーのチケットを買って

後でアクティベート(有効に)する様な感じです。

 

なので、チケットを購入しても

座席が確保されている訳ではないので

ご注意ください。(特に帰り)

 

チケットを買ったらイミグレーションへ

船に乗って1時間とはいえ

シンガポールとインドネシアなので出国審査があります。

撮影禁止で載せられませんが

空港と流れは大体同じです。

 

DSC04607

 

 

フェリー乗り場はこんな感じです。

電光掲示板にフェリーの情報が表示されるので

それまで待ちです。

 

そしてフェリーターミナルからフェリーへ

 

 

DSC04620

 

順番が来たらチケットをスキャンしてターミナルへ。

入る直前で何番に行くのかを書いてありますが

見逃したらチケットをスタッフの方に見せて入ってください。

 

乗り込む時は少し揺れるのでご注意を。

 

DSC04627

 

こんな街なかから移動します。

 

座席は自由席でした。

チケットの数で管理しているので座れないということはないですが

 

もし、大人数で行く場合は早めに席につかないと

バラバラになるかもしれません。

 

DSC04634

 

晴れていたのであまり揺れませんでしたが

最初のスピードに乗るまでは大きく揺れたりしますので

乗り物に弱い方は酔い止めを。

 

 

バタムセンターフェリーターミナルに到着

 

 

DSC04641

 

1時間ほどで到着します。

インドネシアとシンガポールは時差が1時間あるので

ここで時計を1時間遅くしておきましょう。

 

つまり、12時に出たら12時に着くという不思議な状態になります。

その代わり、帰りは15時に出たら17時に着くんですけどね。

 

イミグレーションの待ち時間などがありますので

実際には2時間〜2時間半くらいは

時間を見ておいたほうが良いですね。

 

 

DSC04643

 

到着したらすぐバタムセンターの中に。

この後、視察に行きましたが、青旅なので割愛(笑)

シンガポールの隣インドネシアのバタム島にあるメガモールへビジネス視察 | 青好き

 

今回は車をチャーターしていたので

ここから車に乗って移動になりました。

 

 

トゥリビーチリゾート(Turi Beach Resort)ホテルへ

 

今回はシンガポール人に進められた

リゾート感溢れる

 

トゥリ ビーチ リゾート (Turi Beach Resort)へ行ってきました。

 

DSC04741

 

バタムセンターからは車で20分くらい

シンガポールではまず味わえないリゾートが広がっていました。

 

DSC04748

 

 

 

DSC04760

 

 

DSC04767

 

 

DSC04769

 

 

DSC04776

 

 深さ2.5mの青いプール

 

 

 

DSC04920

 

朝食は海の見える席で

夜はバーもあります。

 

DSC04747

 

かなり良い木を集めているらしく

木の説明をたくさん受けました。

 

 

トゥリビーチリゾートの青旅絶景ポイント

 

 

DSC04872

 

プールも捨てがたいですが

やっぱり桟橋を渡っていく離れですね。

 

 

 

 

 

DSC04865

 

 

「青Macがあらわれた」

「青好きは持ち逃げした」

 

DSC04791  1

 

ずっと先にある

 

DSC04793

 

 

何にも無いというのも開放感があっていいですね^^

 

大きな船の通り道であるので

時々豪華客船の様な船が見えたりもしていました。

 

DSC04825

 

海風の中でパチリ。

周りが青だらけで集中は出来ません(笑)

 

 

DSC04885

 

夕焼け時の小屋もとても幻想的。

行き来をするだけで楽しくて2往復してしまいました。

 

 

こちらのホテルを利用する際には

 

 

注意点としては

 

海には入れない事(透明度は海水浴場より上ですが入るのはオススメ出来ないです)

蚊が多いので蚊の対策が必要

 

 

サービスについては色々と足りない所もあったのですが^^;

言えば持ってきてくれるシステム。

 

ただ、ホテルスタッフの感じはとても良かったです。

インドネシアなのでこの辺りは仕方ないのかなと。

 

今回は曇っていてよく見えませんでしたが

星もよく見えるとの事。

 

部屋に居ても波の音が常に聞こえて

非日常のリゾートを味わうにはとても良いホテルでした。

 

 

今回、宿泊したのはコチラ

トゥリ ビーチ リゾート (Turi Beach Resort)

 

 

青好きメールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

青色一つで世界と日本を繋ぐブルークリエイター。シンガポール在住。信頼と本質を第一にして、日本と海外、オンラインとオフライン、投資とビジネス、それぞれのネットワークをフルに活用してあらゆる業種の人と一緒に次世代の日本人ネットワークを構築し、青い和を持つ日本人を復活させるための青和人プロジェクトを進めている。